中西社長のブロブロ

全員参加で夢を追求していく・・・それが私の原点です。

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月も終わり

早いものでもう12月です。

1年って本当に早いですね。
11月の皆さんの点数は100点満点中、何点だったでしょうか?

私は80点くらいという感じです。

様々なアイデアが出て、概要が固まり、テーブルに乗ってきました。
12月から急ピッチで形にしていきます。


残り1ヶ月、今年やり残したことが無いよう計画的に頑張っていきましょう!
スポンサーサイト

| 社内情報 | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行動指針

6つの「あ」がない人は仕事がうまくいかない

1.挨拶ができない(礼節)
2.謝れない(素直)
3.頭が下げられない(謙虚)
4.ありがとうが言えない(感謝)
5.新しいことに取り組めない(向上心)
6.諦め、前進できない(信念)



これは、当社の「行動指針」ですが、私も含め社員全員でもう一度よく考え、
日々意識して行動していきましょう。

毎日の行動はこの6つの「あ」によって必ず変えることができます。
少し前のブログの「自責と感謝」と通じるところがあります。
人が組織となり、組織が企業となります。つまり企業とは人の集合体であります。

逆説的に言えば、一人一人の「人」の行動が企業風土となります。
企業風土を形成するのは「行動指針」ではなく、「人」である。
つまり、どんな崇高な行動指針(カタチ)があっても、具現化するのは人
(実際に作る人)である以上、社員全員で行動指針を意識し、実行しなければ
崇高な企業風土はできないと思います。

自己の夢を叶えるべく(理念)、全員でもっともっと成長していこう!

| 社内情報 | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月22日

11月22日は『いい夫婦』の日ということで、2組の結婚式に呼ばれ
参加してきました。

1組目は玉寄社長の結婚式でした。

200811221233000.jpg

玉寄社長はもう5~6年のお付き合いになります。
一時、通信関係の仕事を一緒にさせてもらったこともありますが、
最近は専ら人生相談させて頂いています。

≪2度あることは3度ある≫という言葉通り、3回目の結婚ですが
≪3度目の正直≫で、奥さんを幸せにしてあげてください!
200811221205000.jpg

お父さんのダンス最高でした!
200811221400000.jpg
200811221433000.jpg




2組目はモダンアパートメント渡邊社長の結婚式でした。

200811221804000.jpg

大阪を中心として、マンションやオフィスのリノベーションを手掛けており
クライアントがオーナー様ということで、ITと同時に提案するなどアライアンスを
組んでお仕事させて頂いています。

正直、普段お会いしている中ではチャラい感じが否めませんが(怒られるかな)
奥さんへの手紙では実は真面目な人なんだと思いました。
ビンゴゲームがあり、景品が渡邊社長の人柄が出ていて楽しかったです。

200811221953000.jpg
中村マネージャがコンドーム

200811221952001.jpg
増木オーナーがエロDVD

200811221952003.jpg
増木オーナーのお連れの方が写真の通り


幸せな結婚生活を送ってくださいね!

| プライベート | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まゆみちゃん送別会

11月21日、創業時からのメンバーで、管理部において会社のみんなを
支えてくれた浅野さん(通称、真由美ちゃん)が退職し、送別会を行いました。

本社移転、支店展開、商品拡充、人員拡充…、など8年間拡大してきましたが
最初のボロボロの事務所から一緒でした。

創業当初、お金が無くて、会社の通帳に30万円くらいしかなかったことがあります。
経理として、その通帳を見ていたのが真由美ちゃんです。

送別会では大阪・京都のメンバーや幹部たちが集まり、大賑わいでした。
みんなからのプレゼントや贈る言葉に、真由美ちゃんに対する社員からの信頼の
厚さが伝わってきました。社外取締役から『ブロードの上場記念パーティーには
是非参加してください!』と言われていましたが、真由美ちゃんが抜けた後も全社員
一丸となり、今後のブロードを作っていきたいと思います。


真由美ちゃんへ
みんな思っていることですが、真由美ちゃんがいなければ今のブロードはありません。
個人的には本当は上場達成まで一緒に働けたら、という思いがあり残念ですが、
それよりも8年間本当に心から『ありがとう』の一言です。今後は夢を実現するため、
新たな道でがんばってください!

真由美ちゃん、8年間本当にお疲れさまでした!




DSC00239.jpg
DSC00255.jpg

| 社内情報 | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小西社長の新刊発売!

経営者仲間でアニキと慕う小西社長
『企業元気化プログラム(アマゾン会社経営部門№1獲得)』に続く
2刊目となる本を出版されました。

タイトルは『儲かる会社の朝の習慣』です。
私もまだ読んでいないのですが、必ず読もうと思います。
ヒト・モノ・カネ・情報、何も無いところからスタートし、10年で
売上30億の会社を作った小西社長はすごい!

数字の実績は勿論、人間的に素晴らしい人です。
本に書かれてあることのその背景には、その人の苦労とか
考え方が基になっていますので、直接頭に入ってきてイメージできます。
(『企業元気化プログラム』がそうでした。)

評論家が経営を語る訳ではないので非常にリアルだと思います。
一度みなさんも読んでみてはいかがでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/gp/product/480613208X/ref=pe_2102_10779432_pe_snp_08

| 経営者として | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自責と感謝

自責というのは『何が起こっても自分の責任』である。
これは、私が前職で営業マンだった時に、常に考えていた
テーマの一つでした。

会社が悪い・商品が悪い・価格が高い・市場が悪い・体制が悪い・・・など
他人や何かのせいにするのはではなく、その様な状況においても自分が
そこで何ができるのかを考えることが重要だと思います。

また、成功したときは、勿論自分の努力もありますが、周囲の人たち、
お客様、会社、商品などがあって初めて成功したんだと感謝しなければならない。

仕事でもプライベートでも日常生活において、割り切れないことは多々あります。
しかしながら、それを受け入れるキャパシティーが必要であると思います。
自分にとってプラスになることは受け入れ、マイナスになることは他責(他人のせい)
ではダメだと思います。

どちらも受け入れ、その上で前進できる人が器の大きい人なのだと思います。

| 経営者として | 11:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『自分と会社』『自分が会社』

最近ぼんやりしていて、ふと気づいたことがあります。

つい数年前まで、会社が整備できていない、例えば福利厚生の制度や
組織上の問題点を社員が、『自分と会社』と極端に言えば対極のものと捉え
その不備を『会社が悪い』という様な社員が多かったと思います。

最近は、何か変わってきたなと思うのは、社員たちが『自分が会社』と
捉えてくれていると感じています。

『自分が会社』ならば、会社の不備は『会社が悪い』ではなく、『会社=自分』
ですから、『自分が改善しよう』となりますので、そういう社員が増えてきている
ことが非常に嬉しく思います。

私は理念・ビジョンの達成が最大の目的ですので、当社の理念にある

◇全従業員参加型の経営◇を実現していく中で『自分が会社』と
感じてくれている社員が増えてきていることは、理念到達に近づいているのでは
ないかと思っています。

| 経営者として | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンプル

最近、経営関係の何かの雑誌で
『複雑で説明しても相手が理解しにくいビジネスモデルは成功しない』
ということが書いてありました。

また、ある経営者クラブのセミナーで、元ビービーネットの田中社長が
講演されて『SP経営=simple&profitable』という経営理論を説いて
おられました。私も最近ホントにそうだなと思います。

事業においても人間関係においても、そんなに難しい理論や手法でなくても
うまくいく方法があり、その答えが『シンプル』、ではないでしょうか。

子供のときに、『元気な声で挨拶しましょう』とか『大きな声で返事しましょう』とか
『何かしてもらったら、ありがとうと言いましょう』とか言われました。

社会人になって様々なスキルをつけていくことは非常に重要なことですが、
その前にやはり誰もが子供の頃に教わった『挨拶や感謝』とかそんな
『シンプル』なことができることが最も重要だと思います。

| 経営者として | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NTT 光回線加入目標18%下げ

11/7日経新聞に上記タイトルが掲載された。

2008年度の加入者獲得目標を340万件から18%減の280万件に
引き下げた。原因は、景気減速で消費者の生活防衛意識が高まり、
割高な光回線の普及ペースが失速だ。

累計契約数は今年9月に1,000万件を突破。
しかし、2010年度末までに目標である2,000万件に伸ばすには
年間400万件のペースで加入者を獲得しなければならない。
また、通信サービスが利用できない地域の解消を目指す国の政策にも
影響を与えるという。

この様な状況の中で私たちは事業とどの様に向き合うべきか。

それは…

『もっとがんばるだけ』である。

こういう時、精神論・根性論が重要だと思う。色々考えても仕方がない。

実際、不動産業者様と提携しながら契約を獲得するビジネスモデルである
私たちは、来月の売上見込みは立っている。その契約数が若干下がることを
想定し、新規提携を増やし、契約数増大のための施策を実行していく。


先日のブログにも書いたが、今私たちに求められているのは
やはり『スピード!』ではないだろうか。

| 経営者として | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懇親会!

下期から畑江MがCS担当役員となり懇親会という意味も込め、
畑江MとCS課の高山D&芳村Dと食事に行ってきました。

200811072325001.jpg200811072325000.jpg


普段の業務内容や仕事への取り組み方など、仕事の話や
プライベートの話もできました。私はCS課のメンバーと普段ゆっくり
話ができていないので有意義な時間でした。

プライベートな話で、社内で誰と誰が付き合ってる(た)という話が
ありました。社長というのは意外と社内のことを知らないもんですね。

まずAさんとBさんが付き合ってると聞いて驚いたのですが、
もっと驚いたのは、実は2人は1年前に別れていた、ということでした。


全く知りませんでした・・・。


社内恋愛禁止ではないので、できるだけ社長にも教えてくださいね!

200811072324000.jpg
『テンプラ・ししゃも・サラダなど何でもトロロをつける高山D』

| 社内情報 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビジネスにおける4つのタイプ

コーチングという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
コーチングを一言で言うと「人を育てるための一つの方法」である。
ビジネスであれば営業や専門職、また、精神面での成長も「育つ」と
いうように考えることができる。 学習により人間は成長し育つが、
学習しても身につかないことは多くの人が体験していることだろう。
コーチングでは、モチベーションを重視し、人が自ら学習し育つような
環境を作り出し、個人をのばし、自ら問題を解決していけるようになる
ことを目的としている。


仕事において人は4つのタイプに分類できるといいます。
◆コントローラー(controller)
【特徴】
行動的でエネルギッシュ。思い通りにしたがる。他人の不正や偽善を
暴露することを使命と考える。正直であけっぴろげ。過剰に快感を求め、
依存しやすい。自分の内面に目を向けるのは苦手。

◆プロモーター(promoter)
【特徴】
アイディアが豊富で創造力がある。楽しいことが好き。計画を立てるのは苦手。
悪く言えばあきっぽく、良く言えば変化への順応性が高い。包括的な仮説を立てる
才能がある。アイディアは成り行き任せで非現実的だが、新しい可能性を見つける
。仕切るのが好きで、得意でもある。

◆サポーター(supporter)
【特徴】
人を援助したがる。温かく、穏やか。職場では協調性が高く、意欲もある。
計画や目標を立てることに関心がない。決断には時間がかかる。人の心を読むのが
得意。直感力がある。感情に基づいて判断する。

◆アナライザー(Analyzer)
【特徴】
物事に取り組むとき、データに基づく分析から始める。計画を立て、粘り強く、
最後までやりとげる。変化や混乱には弱い。理解力や洞察力が高く、的確な意志決定が
できる。明確で論理的な話し方をする。

↓以下で自分のタイプの適正が分かります。
http://www.web-labo.jp/other/typecheck.html

一度やってみてはいかがでしょうか?

因みに私はコントローラーでした。

| 経営者として | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スピード!

最近、仕事をしていて『スピード!』の重要性を痛感します。
特に、インターネット・通信の世界は目まぐるしく環境が変わります。
また技術以外にも、広告戦略・企画戦略・新規事業案件など
様々な施策を推進するにあたり、この『スピード!』が一番重要
なのではないかと感じています。

楽天の社是に『スピード!スピード!スピード!』という言葉があったと
思います。楽天やヤフーなどやはり先駆者が勝つのがこの世界です。

当社のビジョンにも
『“スピード”を重点におき、顧客対応の迅速化・業務改善の迅速化
  経営判断の迅速化により、顧客笑顔度100%を獲得する』とあります。

今、社員の皆さんたちも膨大な仕事を日々こなしていると思います。
ただ、必ずゴール(完結地点と完結時期)を設定することを忘れず
そのゴールに向かってこの『スピード!』を追求して勝利を獲得しよう!

| 経営者として | 08:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経営学のお勉強③

競争戦略について
どんな業界でも競合他社がひしめき合い、壮絶な戦いが
日々繰り広げられています。どうすれば勝ち残り、栄光を手にする
ことができるのでしょうか?ポイントは『コスト』&『差別化』です。

ただし、双方とも懸念事項があります。

『コスト』…規模の経済を追い求めて、体力勝負に陥りやすい。
『差別化』…事業規模が小規模に留まってしまう懸念がある。

市場が求めるものとは?
『市場は差別性が高く、かつコストの安いものを本質的に求めている。』

例えば

【iPod】…使い易さで『差別化』を徹底し、物づくりでは汎用性の高い部品や
      技術を最大限に活用して『コスト』を抑えている。

【ノキアの40ドル携帯電話端末】…不要な機能を削ぎ落とし『コスト』を抑え、現地言語
      への対応過酷な利用環境での耐久性により『差別化』を図り、インド市場を
      瞬く間に席巻。

ということである以上、『コストと差別化の両立』が答えとなります。

私たちは日々の仕事において、『コストと差別化の両立』をどの様に推進すれば
よいのでしょうか?社員の皆さん、しっかり考えてみましょう!

稟議書・企画書待ってます!

| 経営者として | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。