中西社長のブロブロ

全員参加で夢を追求していく・・・それが私の原点です。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高山D送別会

新卒で入社してから3年、家業を継ぐため(?)に
6月末を持ちまして、CS部の高山Dが退職することになりました。

大阪本社管轄B-CUBIC物件のCS向上に大いに貢献して頂きました(?)
引き継ぎも完璧にこなしました(?)
後任は川村副主任です(?)

送別会は岸本課長の楽しい企画で盛り上がりました!

200906192258000.jpg

アキ、また遊びに来いよ!!









200906192255000.jpg
原田部長、グデングデンでした。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お客様の笑顔をトコトン追求する

私たちの経営理念にあるこの言葉をもう一度考えてみてください。
本当にお客様にとって有益な情報やサービスとは一体何なのか??

レストラン経営者は立地や家賃や粗利よりも、

『おいしいものを提供し、お客様に喜んで頂くメニューを作る。』

まずはこれだけで良く、これを一番に考えずに、立地がどうとか関係ないのです。


私たちも更なる成長をしていくためには、一人一人が本当にお客様の
喜ぶメニューは何なのかを再度考え直さなくてならないと思います。


そういう意味ではB-CUBICは非常に分かりやすいと思います。
お客様(マンションオーナー)の喜ぶメニューとはズバリ、『満室』です。
それならば、私たちはこの『満室』にこだわり、『満室』にするために
何をすべきなのかをもっと考え、行動する。

逆に言えば、『B-CUBIC』を導入し『満室』となり、お客様は『笑顔』になる。
そのための根拠もしっかりあるとなれば、他社とバッティングしたときも
価格競争せずに、私たちは本当のお客様のゴールは何なのかを
提案してあげることができるのです。

空室対策商品として販売しているならば、空室対策効果が無ければダメです。

当社は業界唯一のアフターフォロー専門部隊『CS部』及び、更なるCS向上の
ための『仲介手数料無料ドットコム』があります。

私たちほど、商品売らんかな、ではなく本当の意味での空室対策を考えている
企業は無いと自負しています。

例えばですが、B-CUBICがファミリー物件の空室対策にならないのであれば
その案件は断りましょう。それは空室対策商品ではないからです。
また、お客様は笑顔になりません。

今後もお客様の笑顔にこだわり“トコトン”追求していきましょう。

| 社内情報 | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不動産免許取得

この度、ブロードエンタープライズは不動産免許を取得しました。

目的としては、不動産ポータルのサイト運営や将来の
B-CUBIC(モデルマンション取得など)のためです。

通信・IT・不動産という業界に特化し、それぞれのシナジーを最大限
生かしながら、今後も全社一丸となり運営していきたいと思います。


| お客様へ | 08:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ADSLからの転換

ソフトバンク、「NTT光」を全国販売 

ADSL低迷でソフトバンクはNTT東西地域会社の光通信回線「フレッツ光」の
販売地域を、7月1日から全国に拡大する。

主力のADSL(電話線を使ったデジタル高速通信)事業は通信速度で上回る
光回線への切り替えが進み、契約者が減少している。自社ブランドで提供してきた
光回線は採算が合わないため、競争相手のNTTの商品を全国規模で代理販売する
苦肉の策となる。

ソフトバンクはNTTの光回線を借り、料金を独自に設定した「ヤフー!BB光」を
2004年から提供してきた。NTTの回線貸出料金が高く採算がとれないため、
料金引き下げを総務省に要望してきたが認められなかった。今年2月から
まず10都道府県で「フレッツ光」の代理販売に踏み切った。(NIKKEI NET)


代理店営業部へ
私たちの販売戦略に影響があるのかは不明だが、こうした世の中の動きに
合わせて対策を取っていこう。地球の進化と同様、生き残れるのは
『変化に対応できた者』だけである。

| 時事情報 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑い

最近、昼間は本当に暑くなってきましたね。

汗かきとしては辛い季節です。

昨日の夜も暑くてなかなか眠れませんでした。
今日のランチも中村マネージャーお薦めのココイチ
『トンテキカレー(季節限定?)』を食べてしまいました。

汗をかくと分かっていてココイチに入ってしまう自分ですが…。

当社もクールビズを実施しております。
涼しくエコで仕事がんばろう!!

| プライベート | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報過多

今、わたしたちはビジネスを遂行するにあたり、様々な情報を
得ることができます。新聞、雑誌、ネット、セミナーなど。

しかし、気をつけないといけないことは、情報に振り回されないことです。

例えば、これからの時代はリスク分散のため事業を多角化するべきだ。
過去に吉野家はうんぬん…。

かたや、これからの時代は選択と集中だ。こんな企業が成功うんぬん…。

上記は全く正反対の戦略ですが、一見、どちらも正しいような…

どちらが正しい・悪いではなく、重要なのは今の自社・自分にとって
どちらが本当に正しいかという「判断」です。これは高度なスキルです。
日々の業務の中で、複数の選択肢の中から最良の選択を
しなければなりません。

特にブロードでは、課長職以上の人は日々この「判断」が
求められています。 最もリスクが低く、最も効果の高い最良の
「判断」ができるように情報を取捨選択し、活用していこう!

| 経営者として | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨入り

梅雨入りしたらしいです。

今日、大阪は雨です。

今から東京に行ってきます!

大きな商談があるので社長も頑張ってきます!

6月も中旬に入ってきました。
今月もみんなでがんばろう!



01.jpg

| 社内情報 | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーヒーで

『ミャンマーでは、あなたが購入したコーヒー5杯で
一人の子供が給食を食べられます。』

『イラク北部では、あなたが購入したコーヒー10杯で
クルド人の生徒一人にノートと鉛筆を買うことができます。』

『カンボジア・ネパールでは、私たちが購入したコーヒー100杯で
一人の子供が学校に通うことができます。』



以下は明治部長から総務通信で全社員にメールされたと思います。

******************************

お疲れ様です、現在各支店に設置しております自動販売機ですが
社員の皆様が購入することで、数円のバックがあります。

少額ですが設置から約一年で全支店で¥4,660貯まりました。

使い道としてですが、元々設置時に社員のみなさんにも、お伝えした通り
何らかの形で社会貢献ができればとの思いがありましたので
社長と相談の結果、以下サイトに全額寄付致しました。

http://www.savechildren.or.jp/

寄付や社会貢献は思っていてもなかなかできないものです、
今後もドリンクの値段を上げての強制募金のような形ではなく
また思いつきの一回きりではなく、今できることひとつの範囲内で
このような活動を継続していければと思いますので
ご協力宜しくお願い致します。

******************************

寄付って簡単なようで簡単ではない。

でも、強制や無理をするのはおかしい。

だから、社員は120円のコーヒーを100円で購入し、お得。
原価は○○円なので、さらに差額の○○円を寄付して社会貢献。

普段通りの行動で、世界の貧しい国の誰かが少しでも良くなればと思う。
ブロードの社員以外にも、このブログを見てくれている経営者の方が
いると思います。

あなたの会社でも始めませんか??

| 経営者として | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月スタート

福岡フェアに関わったみんな、お疲れさまでした。

先週、フェアが終わり、早速数名のオーナー様から受注を頂けた様です。
おめでとう!!

そして、また今日から新しい月が始まります。
今月は四半期の最終月です。
人事諸制度で言えば、1タームの最終評価月でもあります。
営業部は工事完了のタイミングを見計らって前半勝負で頑張ってください!

| 社内情報 | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。