中西社長のブロブロ

全員参加で夢を追求していく・・・それが私の原点です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

畑江Mと水炊き屋さんへ

畑江Mと博多名物の水炊き屋さんへ行きました。

そのお店は会社の近くにあり、初めて行くお店でした。
最初に骨無しのモモ肉を食べ、非常においしかったので満足でした。
次に骨付きの肉を食べようとしたところ、髪の毛が入っていました。
ちょっと気になりましたが、文句を言うほどでもないので髪の毛を
よけて食べました。それをガラ入れに入れて次の野菜を堪能していました。
すると、店長らしき人がそのガラ入れや空いた皿などを引いていきました。

10分ほどした頃、この店長が『申し訳ございません。髪の毛入ってましたよね?
本当に申し訳ございません。』と平謝りでした。『この焼酎(ミニボトルを注文していた)を
サービスさせて頂きます。』と。私は『気にしていないので大丈夫ですよ。』と言っても、
何度も言うのでサービスして頂きました。

次に女将と言う名刺を持った女性の方が『申し訳ございませんでした。
お腹いっぱい食べてください。』と焼き鳥の盛り合わせを持ってきてくれました。
さらに追加で骨無しの肉を注文すると、サービスでつくねも一緒に持ってきてくれました。
2人で満腹になったのですが、最後にこのお店のウリの『卵かけごはん』を
食べようとしたのですが、満腹なので半分ずつしようと決め、注文の時に
『茶碗をもう一つ持ってきてください』と言うと、卵も2つ持ってきてくれました。
最後に『おあいそ』というと、お口直しにと『シャーベット』まで出てきました。

ここまでサービスしてもらって逆に悪いなという気持ちと、このお店のサービス精神に
『また今度来ないとアカンな』『(ミスはあったものの)プロ意識の高いお店だな』と
畑江Mと2人で『クレームをチャンスに変える』という事例だなぁと話し合っていました。
そしてそのキンキンに冷えたシャーベットを食べようとした瞬間よく見ると、
シャーベットの上に『黒い糸』が乗っていました・・・。
スポンサーサイト

| 経営者として | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://broadnakanishi.blog118.fc2.com/tb.php/146-32d11705

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。