中西社長のブロブロ

全員参加で夢を追求していく・・・それが私の原点です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安岡正篤(やすおかまさひろ)師

1893~1983。

政治家の『精神的指導者』として、日本の行く末に大きな
影響を与えた、陽明学、東洋思想の研究者。
現在においても、多くの経営者が師事しています。

安岡正篤師の
「長期的、多面的、根本的に物事を見て、判断せよ」
という言葉があります。

私たち、事業を行う者にあてはめると、

長期的:長期的に社会に対し有益な事業か。
多面的:会社・社員・顧客・取引業者・市場等に有益な事業か。
根本的:根本的な趣旨・目的が明確であるか。

私たちは新規事業・既存事業いずれにおいても、あらゆる
『判断』を日々実行していかなければなりません。

その『判断基準』は”社会”全体で見たときは、長期的・多面的・根本的
であり、”会社”全体で見たときは『経営理念』であると思います。

将来のビジョンについても、この『判断基準』を基に再考しなければ
ならないと思います。

まずは、幹部はこの3つの言葉を覚えてください。
社長・幹部の脳ミソの基準を統一しよう。

判断に迷ったとき、必ずや正しい方向に向かう結論が出ると
確信しています。

今日は真面目なブログでした!!
スポンサーサイト

| 経営者として | 16:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。