中西社長のブロブロ

全員参加で夢を追求していく・・・それが私の原点です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『同業他社』と『信用』について

同業他社というのはどんな業界でも存在しますが、営業の現場では
相見積りは勿論、酷い場合は他社の批判などに発展することもあると思います。
私は営業の現場は勿論、ビジネスにおいては批判や中傷などは何一つ特になる
ことは無いと思っています。

お客様の立場に立って考えれば、お客様が購入決定の意思表示をしていない
時点では、当社も他社も同じ土俵に乗っているに過ぎません。
お客様は良い方を選ぶのです。決定権はお客様にあります。営業マンは当社の
特徴をしっかり伝え、お客様に理解していただくだけでよいのです。
従って、他社の批判はせず、他社の特徴と当社の特徴を説明するだけです。
価格・サービス内容などで他社を選択されたならば、それを持ち帰り再度お客様に
受け入れられる商品作りをすれば良いのです。

他社の批判・中傷をする会社にお客様の『信用』は得られません。
また当社のB-CUBICにおいては、他社よりも価格が高い場合はありますが、
性能の高さや、CS課によるアフターフォローの充実など『売りっぱなし業者』
ではなく、『長いお付き合い』を前提とした『信用』を売りにしているので、
価格のみを追求されるお客様には、選ばれなくてもいいと思っています。

安かろう・悪かろうは導入後の障害率を高めます。当然クレームが発生します。
そうなれば『信用』はなくなります。当社の代理店営業課においても、昨年から
クレームの多いBtoCを止め、アライアンス等を強化したBtoBに切り替えました。
当初は苦戦しましたが、従業員みんなの努力が実を結び、今では不動産業者様に
付帯収益という面で喜ばれ、NTT様より優良代理店とのお声も頂けるようになりました。
当社は『信用』を追求していく企業を目指したいと考えています。



bne10-3.jpg
スポンサーサイト

| 経営者として | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://broadnakanishi.blog118.fc2.com/tb.php/25-076a65a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。