中西社長のブロブロ

全員参加で夢を追求していく・・・それが私の原点です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日経ベンチャー

ビジネス誌で日経ベンチャーという雑誌を定期購読しています。
このビジネス誌は非常に有益で愛読しています。
様々な企業が紹介されており、経営の成功事例や失敗事例などが
掲載されています。

8月号のテーマは、
「会社を飛躍させた社長の販促手法・顧客倍増の売り方」でした。

「ホシザキ電機」…製氷機大手。創業者の父はワンマン経営で急激な
拡大から不況による売上悪化→息子が堅実経営で建て直す。

「雪国まいたけ」…雪国もやしを「雪国もやしはメチャメチャ高いから
みんな絶対買うなよ」と逆張りCMで売上を7倍に。


その他にも、様々な企業が紹介され大変勉強になりました。


その中で私が嫌いな会社も特集されていました。
社名は伏せますが、その会社のキャッチフレーズはこれです。

『結論:育たない人材は、どれだけ時間をかけたところで育ちません。
その人材が「できる」かどうかは、採用段階で100%決まっているのです。』

ある採用支援・人材コンサルの会社です。
この広告をタクシーで手に取られたことが有る人も多いのではないでしょうか。

この会社の文句を言うつもりはないので、これ以上は省略しますが、ここで言いたい
ことは、どんな素晴らしい書籍であろうと、それを信じることや実践することは自分の
『判断』であるということです。誰かが成功したから自分もでははなく、自分にとって
プラスかどうかを『判断』することだと思います。

情報が氾濫している現在『判断力』は非常に重要なビジネススキルであると思います。
スポンサーサイト

| 経営者として | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://broadnakanishi.blog118.fc2.com/tb.php/57-f1eae14f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。